スポンサーリンク

外用ミノキシジル育毛剤の欠点を16%のミノキシジルが打ち破る!?塗り薬NR-10

しばらくぶりの更新になっているっぽいですね、

こちらのブログ(汗、さすがに更新せなあかんなと

自分でもうしろめたさを感じております‥

さてチューニングショップの方にもご好評いただいている、

ミノキシジル育毛剤で育毛するという当ブログ。

さっそくですが、管理人は外用ミノキシジル育毛剤を

4か月半という育毛期間で、4本‥かな?使用してきました。

すべて海外製です、ポラリスとジェンヘアー。

オオサカ堂から取り寄せてもらって購入、

そしてつい先日に大枚はたいてAGA治療薬をまとめて買いましたが、

その中でポラリスNR-10も新たに購入しました。

自分は生え際を治したいので、

生え際対策として最も適してそうな

ポラリスNR-10をこのたびチョイスしました。

いきなりですが、タイトルにある「外用ミノキシジル育毛剤の欠点

‥というと、大抵の方がミノキシジルならではの「副作用」を挙げると思います。

たしかに欠点ではありますが、医薬品ですので、

副作用は出てしかるべく‥なワケです。

※もちろん、副作用などのなんらかの症状がでないに越したことないですし、

その人の体質によっては、副作用といった症状を感じない方もおられるようです。

なにせ、ミノタブ飲んでも多毛症にならない方もまれにいらっしゃるようです。

副作用とは別の外用ミノキシジル育毛剤の欠点‥

それはミノキシジルの浸透率の悪さです。

とにかく「中」に入っていかないようです、このミノキシジルって成分は。

全体の20%しか、という見解もあるようですし、1%程度しか入っていかない。

という見解もあるようでして。

ちょっとハッキリしないんですが、何%という具体的な数字は色々あっても、

浸透率が良い、とはお世辞にも言えないそうなんです。

外用剤は内服と比較して効果が小さい、これはよく聞かれることですが、

それにはこうした背景もあるようです。

もう少し浸透すれば、ミノキシジル業界の縮図もガラッと変わるかも

しれないのに‥と。

ですので、たとえば国内でいうとリアップX5や、海外でのロゲイン5%や

カークランド5%、ポラリスNR-07といったミノキシジル5%群では苦戦を

強いられることも多々あるようです。

※もちろん、どのくらいAGAが進行しているか?も影響していると思いますが‥

それと「生え際」は特に皮膚が硬くなりやすくて強いのと、

DHTの影響を受けやすいこともあり、

ミノキシジルは特に生え際・前頭部には

威力を発揮し辛いそうです。

皮膚に効果を遮られる、DHTが強力、さらに浸透率が悪い‥

という3大要素があるということですね。

その中で外用ミノキシジル育毛剤の欠点である浸透率の悪さに

着目し、それならいっそのこと、

一番強力なミノキシジル育毛剤をつかえばいいんじゃね!?

ということで、先日ポラリスNR-10をオオサカ堂より注文したわけであります。

とりあえず「仮説」に挑む、という感じなんですが、

果たしてNR-10は管理人の前頭部に効果を発揮してくれるのでしょうか?

でもポラリスNRシリーズの中で最も生え際に向いているとされる、

のがNR-10だそうで、そこは期待しちゃいます。

オオサカ堂のレビュー件数も大台の500件に到達していますし。

オオサカ堂には500件のポラリスNR-10のカスタマーレビューがあります。