スポンサーリンク

AGA自宅治療はミノフィナがなければ始まらない

f:id:shl77yuqdi4v:20141008202957j:plain

管理人が「ミノキシジル」というものを初めて知ったのが、

「ミノキシジルタブレット」でした。いわゆる内服の錠剤ですね。

「ポラリス」や「ロゲイン」といった単語が出てくるまえのハナシです。

AGA治療薬はたくさんあるように思えて、種類的には少ない。

主に、フィナステリドとミノキシジル、この2種類だと考えてもらっても、

誤解はないと思います。

例えるなら機動戦士ガンダムにおけるガンダムとザク‥!?

自分はそう思っています。どちらも大きな存在です。

この2つのモビルスーツがなければ話は始まらない、そんな例え。

話をミノフィナに戻しまして、ミノタブについて。

あくまで自分の主観ですけど、はじめてミノキシジルを使うなら、

自分はポラリスやジェンヘアーといった「塗りミノ」からはじめて

色々と様子をみる、経験するのが無難だと思っています。

メインブログではその考えに基づいて、ミノフィナどちらも、

塗りミノ、塗りフィナ・外用剤でAGA自宅治療を開始しましたから。

ブログをはじめるにあたり、基本的なAGA自宅治療についての情報を

ネットより収集し、自分の方向性を決めました。

自分の方向性とは、やはり副作用に大きな不安を持ったことによる、

防御の姿勢で長期間、ミノフィナを続けられる「型」をつくること。

自分のリサーチが足りないだけかも知れませんが、今も昔もそんなような

方向性でブログ・サイトを運営している人は見当たりませんでした。

ですので、自分としてもいわば人体実験・人柱になって記事を書くような

ものだから、できる限りミノフィナの副作用を回避できるようなブログの

進め方でいこうと。それも「個性」になるだろうと思って。

フィナステリドは今も昔も副作用に大きな不安がありました、

結果Genhair FIN025もひと月ちょっとの使用期間でやめてしまったし。

でも今思えばフィナステリドは効きやすい体質なのかも知れません。

メインブログで一週間の抜け毛本数報告をしていますが、

ジェンヘアーの塗りフィナをやっていた期間からやめて少しの期間

(フィナがまだ体内に残っている期間!?)は、抜け毛が減っていると実感しました。

抜け毛が減って成功!だったんですが、

この先もずっとフィナを続けることに不安と疑問が大きくなってました。

そしてあるきっかけでフィナステリドをスパッとやめたんです。

やめてから今日で66日目になるようです。禁煙みたいなものです、

自分はタバコは吸いませんけど、フィナは中毒!?になるまえにやめられました。

ミノフィナも重要な存在ですが、ある種「麻薬」みたいなものです。

体調や環境変化など、なんらかの事情で

人はいつかミノフィナをやめるときがくるでしょう。

もしかしたら僕の最終目的って、自分から納得をして

ミノフィナを卒業すること、なのかも知れません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする